FC2ブログ

UKからの便り vol.4 - fuzzy line

  • Day:2012.03.30 07:41
Cはどこかの美術館で
抽象絵画でも見てきたのだろうか。
今日は写真だけだ。


UKからの手紙 vol.4 -1


それにしても興味深い作品。
私がタイトルを付けるなら

「あいまいな境界線」

だけれど、他にもいろんなタイトルが考えられる。

「地滑り」(山に暮らしているアウトドア派)
「浸食」(地理が好きな人)
「円と線のコンポジション」(イラストレーターに疲れた人)
「きのこ」(省略)

環境によって想像することは随分と変わるものだ。

白い部分に注目すると
フェルトのマットのように見えてくる。
テキスタイルデザイナーのヒントになるかもしれない。
シャビーな感じを出す為の特殊加工を
どこかに頼もうかなんてね。



さて次の写真。
なるほど、あのキッチンか。


UKからの手紙 vol.4 -2



この紙の裏にうっすら写っている円形からすると
あのホコリだらけの換気扇と同じタイプのものが
元々はあったのだろう。
壊れたので紙を貼ったに違いない。

ほら、やっぱり
「あいまいな境界線」でぴったりだ。


Cのメールは英国の空気を運んできたようだ。
シャーロックホームズ風味の推理になったとしても
致し方あるまい。




Comment

トリミング
えみさんの目力、抜群!
利休の茶の心に通じるものがあるね。

「円と線のコンポジション」に一票


ところで、最近、韓国のトッポギTVで見て、
なんかとっても惹かれちゃった。
パッチワークされた布なんだけど、
一枚一枚の小さな布の形や色、透過性の有無の並べ方で、
モダンアートにもなっちゃうのよ!
クレーの絵っぽい・・・

  • 2012/03/30 14:40
  • ころちゃん
  • URL
テイセイ!
モーヤダー!!
ポジャギの間違い
トッポギは食べ物じゃん
恥ずかしいよ~

このミス、誰か面白くつっこんで~
  • 2012/03/30 21:17
  • ころちゃん
  • URL
真っ先に
「スケッチブックを破りとったヤツ(しかも影)」
と思った私は想像力が足りない…
  • 2012/03/30 23:23
  • Dii
  • URL
ころちゃんさん

トッポギ、笑いました!
つっこみのタイミングを逸してしまってゴメン。
  • 2012/03/31 20:03
  • むらかみえみ
  • URL
Diiさん

こんにちは。
ストレートな反応な大切ですよー。

細かいことをいうと
この紙の穴は楕円なのですよね。
私が使っていたスケッチブックの穴は真円だったので
そこはちょっぴり確かめたい気持ちがあります。
  • 2012/03/31 20:08
  • むらかみえみ
  • URL
もちろん
決して卑下してるわけじゃないんですよ。

ただ、このように理系的(?)な妥当性を優先する癖は、
時として逸脱を妨げる強い固定観念になってるのは確かで、
個人的にはいつも苦労の種なのです。

楕円というか長円の穴のはたまに見る気がします。
ページが多いとき真円よりリングに引っかかりにくくて
動きがスムーズなのかも。
  • 2012/04/02 01:10
  • Dii
  • URL
Diiさん

>このように理系的(?)な妥当性を優先する癖...

大体想像がつきます。
そういう集団の中にいたことがあるので。

自分の場合はこの絵?みたいにいつも境界線にいて、
理系的な思考と文系的な思考(こういう分け方もしっくりきませんが
便宜上)の間で揺らぎます。
昔はいつも、どこにも「属していない」感じがしました。
心情的には構わないのですが、仕事的には困りました。

今は自分の居場所をみつけられましたが。


>楕円というか長円の穴のはたまに見る気がします。

さすがです。楕円ではなくて長円でした!
機能的ですね。

そういえば、スーパー楕円というのを
提唱した方がいらっしゃいましたね。
円と四角の接点の形。
テーブルや公園の形などに使われているはずです。

  • 2012/04/02 07:37
  • むらかみえみ
  • URL
Comment Form
公開設定