FC2ブログ

子猫と写真と

  • Day:2012.07.24 07:39
子猫物語

猫のHに腕枕されているのは、子猫の時のもの。
これはほんの2年程前に、以前の家のお隣さんから頂いた。
小さい時のHの写真を持っていなかったから、
とびきりのプレゼントに声を上げて喜んだ。


Hは生後約二ヶ月で我が家にやってきた。
左足が悪くて、びっこをひきながら、勤め帰りのWの足に何度もじゃれつき、
声にならない声で鳴きながらついてくる。
どうしようもない気持ちになって、保護して家に連れ帰ったそうだ。

盛夏だったこともあり、日中誰もいない家の中に放置すると、子猫はダウンしてしまう。
そう考えて、Wはお隣りの中学生Jに預けて、世話を頼んだそうだ。
実は彼女も公園でウロウロしていたHを飼いたかったらしく、喜んで世話をしてくれた。
数日後「トイレのしつけもしておきました」と手渡された。
一人前の猫になって、Hは帰ってきた。

私はといえば、その頃海外に行っていて不在だった。
連絡はもらっていたけれど、見知らぬ猫がいる家に戻ってきた。
しかし当時近くのアトリエで仕事をしていた為、
日中、家にいないと飼えないと思い込んでいた私は、
近所の人や知り合いの獣医さんに頼んで飼い主を探してもらった。

貰い手がみつからないまま、3週間が過ぎた。
獣医さんが「猫はひとりでお留守番ができるから飼ってみたら」と。
手のひらに乗る大きさだったHはすんすんと大きくなっていて、
もう手放したくない存在になっていた。

可愛かった。けれども半年間ぐらい、
子猫の一番可愛い時期に写真を撮らなかった。
ぴょんぴょん動き回って撮りにくいというのもあったが、
何より、猫にべったりの自分という状態が写真として残るのが嫌で。
WとHの二人と一匹の家族という現実が、固定されるのを、
どこかで認めたくなかった。猫が子供代わりと言われるのも抵抗があった。
独身の友人も動物を飼い始めると、一人暮らし決定の静かな決意表明のようだったし。

今にして思うと愚かだった。その年齢の想いは否定しないけれど自意識過剰。
とにかく写真を撮らなかったことを残念に思っていた。

10年も経って、思いがけないところから、
届けられた過去のジグソーパズルの大切なピース。
預かっている間に撮っていてくれたのだ。
Jに感謝。


猫に限らず古い写真を見るようになったのも、つい最近の事。
旅行の写真はあっても、アルバムを広げて家族と語り合うことは、滅多になかった。
いつも目線が先に行っていて、過去の事は未熟で照れくさいものだったから。

数年、時に10年以上前の古い写真達をみつめて文章にしたことで、
自分の来た道をゆっくりと見直せた気がする。
写真がきっかけで思い出せたエピソードも沢山あった。

Hは13歳のおじいさんになった。やせ猫だけれど、まだまだ元気。
足も成長するにつれて治った。

猫も写真も向こうから呼ばれる時がある。
その時は特別なことじゃないと思っているけれど、時間が経ってみると、
ちゃんと自分の足跡だったり、マイルストーンになっている。

Comment

Comment Form
公開設定